市民にも自衛が要る時代、防犯グッズは必需品

subpage01

かつては誰でも平穏に暮らせる社会があった各々の先進国ですが、今では日本を含む各国が軒並み、治安悪化の一途を辿っています。

社会と経済が複雑化した事、人々の心が様々な影響で荒み始めている事などがその背景に隠れています。
また、いわゆる元々悪い心を持った人物が計画的に空き巣や強盗を企てる他に、人生に絶望した若者や社会に恨みを抱いた高齢者が、言わば発作的に犯行に及ぶ事例がここ数年、先進国で多発しています。



平穏にただ家族と暮らしたいと考えている人々にとって、現代社会の治安情勢は決して楽観視出来るものではありません。それでも日本国内においては、まだまだ安全性が担保されており、女性や若者が深夜でも一人でコンビニエンスストアに出かけられるレベルです。
ただ、全くの丸腰ではやはり不安が漂います。


防犯グッズを鞄などに携帯しておいた方が、万が一のリスクに備えられます。


近年では女性や非力な方でも使える防犯グッズが広く販売されています。



日本国内では市民の武装が禁じられていますが、防犯グッズはいわゆる拳銃やナイフ等とは違い、銃刀法違反に抵触する事はありません。

更に防犯グッズなら自衛のために携帯しているため、不審人物になる事はありません。

産経デジタルがどんなものかご存知ですか。

しばしばナイフやバットを自衛のために携帯する方がいますが、それらは防犯グッズとして製造されたものではないため、いくら本人が自衛のために所持していると説明しても、警察官には通用せず、銃刀法違反になる恐れが高いです。